アトピー 白髪染め

MENU




data-ad-client="ca-pub-6001078109975180"
data-ad-slot="2180715687">


アトピーでも白髪染めできるの?

 

 

アトピーにとって白髪染めは必要悪だよね。

 

 

白髪染めをしたいけど軽はずみにはできない。

 

 

「アトピーでも染めれる白髪染め」と
ネットで調べれば同じ商品ばかり紹介されてる。

 

 

あなたはアトピー?本当に自分で染めてみたの?
と言いたくなるよね。

 

 

ただの広告紹介じゃないのってね。

 

 

アトピーのことをもっと真剣に考えてくれないと
そんな白髪染めなんて安心して使えないよ。

 

 

だって白髪染めって農薬の140倍の毒性があるんだよ。
ということは劇薬って言っても過言ではないよね。

 

 

アトピー性皮膚炎だと皮膚の薄さも赤ちゃんと同じだから
普通の人よりも毒性の吸収率も高くなるよ。

 

 

ということは、ヒリヒリと痛いだけではなくフケや
ブツブツと発疹が出たりするようになる。

 

 

もっとひどくなると、全身のじんましん、呼吸困難など
大変なことになるよ。

 

 

そこまで考えて商品を紹介してくれてるのかな?
と私は疑問を持ったんだ。

 

 

一番いい方法は染めないで白髪とうまく付き合うこと。

 

 

これが一番いい方法というか、ただの放置だけどね。
これだと白髪が目立ってストレスになるよね。

 

 

年配の方だと放置しても大丈夫かもしれないけど
若いとそうは言ってられないもんね。

 

 

だから、なにかしら白髪に対して対策を打たないとね。

 

 

そこで考えられるのが「ヘナ」
植物成分だから安心できる白髪染めだね。

 

 

でも植物アレルギーがあると使えない。

 

 

天然成分の白髪染めは安心できるかもしれないけど
化学成分もたくさん入ってるから何とも言えない。

 

 

この手の白髪染めはあくまでも頭皮に異常のない人が
安心と言っているから分からないよね。

 

 

私がいっぱい調べとくから、今しばらくお待ちを。

 

 

となると、アトピーは白髪染めをしない方がいい。
今のところは。

 

 

でも、ウィッグで隠すという方法もあるよ。

 

 

白髪を染めて大変な目に合うよりも
ウィッグで隠す方がよっぽどラクかもしれないよ。

 

 

私もウィッグを使ってるけど、気分的にラクで楽しい。
だって、その日の気分で髪型を決めれるんだよ。
しかも簡単だしね。

 

 

ウィッグで注意する点としては、
長時間の使用は避けること。

 

 

通気性の良くなったウィッグでも、
アトピーだと頭皮がかゆくなる可能性が高いから。

 

 

イメージとしては帽子をずっとかぶってる感じだからね。
帽子が大丈夫ならオッケーだよ。

 

 

アトピーだから白髪染めができるか分からないけど
染めるならヘナを使用すること。

 

 

ヘナがダメなら隠すという方法も頭に入れておいてね。

 

 

アトピーでも大丈夫!という白髪染めを見つけたら
本当に大丈夫かすぐに調べるね。

 

 

それまでは、ヘナか隠すだね。

 

 

 

 

関連ページ

腎臓疾患だと白髪染めはダメ? | 病をわずらう女性へ
腎臓疾患だと白髪染めをやっちゃダメ?病を患う女性にとって白髪はなんとかしたいもの。でも、白髪染めは体に影響を及ぼすからダメなど、本当に腎臓疾患だとダメなのかを分かりやすくまとめました。
子育て疲れで白髪が増えた | 老けて見えるのはイヤ!
子育て疲れで白髪が増えるということがあると思いますが、子供は元気でわんぱくなのは当たり前なんです。その元気を活かすのが親の務めで、疲れるような事をやってるから白髪も増えるんです。老けて見えないためにも子育ては子供と一緒に笑顔で楽しくやっていきましょう。
産後急激に白髪が増えた | 白髪染めはいつから大丈夫?
産後急激に白髪増えた。というお母さんが多くいますが、みなさん白髪染めはいつから大丈夫なの?と思われています。そんな産後、目立つ白髪をどのように対処していけばいいのかということをまとめました。
実年齢よりも10歳以上年上に見られた | 若く見せたい女性へ
実年齢よりも10歳以上年上に見られた。というあなた。お肌のお手入れなどやっていたのなら、なおさらショックは大きいはず。美魔女などに憧れてお肌のお手入れをやってもスグには効果出ません。若く見せるにはコツがあります。
白髪が増えてコンプレックスに | 毎日悩み苦しい方へ
白髪が原因で悩んでいませんか?白髪は悩めば悩むほど増えてしまいます。上手く付き合っていくために少しでもあなたの悩み解決のお手伝いができれば幸いです。
白髪染めしたいけど肌が弱い | トラブルを避けたい女性へ
白髪染めをしたいけど肌が弱いという女性へ。染めたことによって頭皮トラブルを起こしかぶれたり、かゆくなったり痛くなったりと大変な思いをされた方も少なくはないはずです。肌が弱いけど白髪染めをしたいというのであれば、トラブルを避ける方法を知る必要があります。
白髪を隠したい方へ | 髪を傷めないでケアする方法
白髪を隠したい!でも白髪染めはやりたくない。髪を傷めずになんとかしたい。と思ってませんか?このページでは白髪を隠したい方へ対策と方法をまとめました。
生理中だけど白髪染めをしたい | 体に悪いか心配な方へ
生理中の白髪染めが体に何らかの影響を与えるのか心配というあなた。生理中の白髪染めについてまとめましたので参考になればうれしいです。
同窓会で老けたと思われたくない | 白髪が老いを感じさせる
同窓会で老けたと思われたいくないですよね。。女性ならそう思うのは当たり前です。年齢を重ねてくると白髪が目立つように・・・そんな白髪が老いを感じさせる一番の原因です。同窓会で老けた姿を見せない為にも白髪対策が必要です。
妊娠中だけど白髪染めをしたい | 子供に影響がないか心配なママへ
妊娠中なのに白髪が目立ってイヤ!というお母さんは意外と多いんです。だから妊娠中にも関わらず安易に白髪染めをしてしまうんです。ですが子供に影響がないのか心配。と悩んでいるママもいます。そんなママに贈ります。
肌が弱くても大丈夫な白髪染めは | 敏感肌でかぶれる女性へ
肌が弱くても大丈夫な白髪染めをお探しなんですね。敏感肌だとヒリヒリ痛くなったりかゆくなったりかぶれたりと嫌な思いしたと思います。そのような女性へ肌が弱くても大丈夫な白髪染めについてまとめました。
美容院での白髪染めは経済的に大変 | 自分で染めたい女性へ
美容院で白髪染めをやるには経済的に大変だから自分で染めたいんですね。でも、どういった白髪染めを使えばいいか分からない。というこで種類別にまとめましたのであなたの参考になれば幸いです。
見た目と年齢のギャップが辛い | 老けて見られる女性へ
見た目と年齢のギャップが辛い。というあなた。実年齢よりも老けて見られることに悩んでいるんですね。まずは、なぜ見た目で老けて見られるのかを知る必要があります。
分け目の白髪が目立ってイヤ | 20代後半からの対策
分け目の白髪が目立ってイヤ!という女性が20代後半から多くいますが、白髪とは上手く付き合っていかなければなりません。そのためには染めるだけでなく正しい対策も必要です。