同窓会 老けた

MENU




data-ad-client="ca-pub-6001078109975180"
data-ad-slot="2180715687">


同窓会で老けて見られず「若いね」と言われたい

 

 

同窓会で老けて見られたくない!

 

 

と女性なら誰でも思うことだよね。

 

 

でも、30代から徐々に目立ち始める白髪。
そのままにしてない?

 

 

朝早くから旦那と子供の朝ごはんの準備。
朝食が終われば、片付けと大忙し。

 

 

気がつけばパートへ出かける時間が近づく・・・

 

 

パートはパートで疲労が蓄積されていく。
夕方になれば晩ごはんの準備。

 

 

旦那は残業で遅い。
何時まで付き合わせる気なのか・・・

 

 

こんな毎日を過ごしていると心身ともに
疲れ切ってるよね。白髪が増えるのも当たり前。

 

 

せっかく同窓会に参加するのに、
わざわざ老けた姿をさらす必要もないよね。

 

 

「老けたね〜」と言われるよりも
「変わらないね〜」と言われたい。

 

 

もっと言えば、
「いつも若いよね〜」と言われてみたい。

 

 

いや、言わせたい。と思ってるはず。
だから、このページを読んでるんだよね。

 

 

あなたが老けて見える一番の原因は・・・

 

 

「白髪」なんだ。

 

 

スーパーなどで白髪頭の人を見たらどう思うかな?

 

 

もし、同年代の方だったら「老けてるな〜」
と思うはず。

 

 

それくらい白髪頭は老けて見えるの。

 

 

だから白髪の対策をしないと同窓会では
老けて見られること間違いなしだよ。
「あれ?老けたね〜」ってね。

 

 

でも、白髪をなくすことはできないんだ。
現在の医学では解明されてないから。
だから染めるかウィッグになるよ。

 

 

白髪の本数が少ないのであれば
根元からカットしたらいいよ。

 

 

ウィッグは安価でいろいろなものがあるから
ヘアアレンジもしやすいよね。同窓会だから
気分転換で髪型を変えていくのもありだよ。

 

 

そんなウィッグでも残念なことに蒸れるんだよね。
とくに安価なものは。

 

 

もちろんフルウィッグの場合だけど。

 

 

蒸れるのが嫌な場合は白髪染めになるよ。
私は白髪染めをやってるけどね。

 

 

白髪染めで染める場合には注意が必要。
ドラッグストアなどで販売されている白髪染めは
危険な成分が多く入ってるので使わないこと。

 

 

そうしないとアレルギーを引き起こした後では
遅いからね。

 

 

美容院で白髪を染めてもらうのが一番いいんだけど
美容院の場合は染まらないとお客様に悪いから
市販の白髪染めのような危険な成分が入ってるんだ。

 

 

頭皮にやさしいヘナで染めてくれる美容院もあるけど
ヘナ100%の物を使っていなかったら意味がないんだ。

 

 

美容院などでよくヘナカラーと言われる物を見るけど
あれは危険な成分を混ぜてあるからヘナ100%じゃないんだ。
だから、かぶれる危険性があるよ。

 

 

ヘナでかぶれる場合は植物アレルギーがある方が
かぶれるんだからね。

 

 

植物アレルギーがないのにヘナでかぶれたという場合は
ヘナに危険な成分が混ぜてあったと思った方がいいよ。

 

 

私は自分で白髪を染めてるけど
頭皮が敏感だからジアミンの入った白髪染めはダメ。

 

 

もし、ジアミン入りの白髪染めで染めると
同窓会当日は顔が腫れた状態で出席することに。

 

 

そんな恥ずかしい顔で同窓会なんていけないよ。
だからジアミンの入っていない物で染めてるんだ。

 

 

同窓会では「若いね〜」を狙ってたんだけど、
「変わらないね〜」だった。

 

 

それはそれで、うれしかった♪

 

 

いくつになっても同窓会に行くと心は当時に戻るんだね。
みんながそんな気持ちになってるのに老けた姿なんて
見せれないよ。

 

 

白髪対策一つで「変わらないね〜」と言ってもらえたうれしさ
これからもこの状態を維持していかないとね。

 

 

女としての自分を取り戻せたおかげで、
心にゆとりが持てるようになり、怒ることも少なくなったせいか
家族の笑顔が以前よりもかなり増えたこと。

 

 

これが私にとって一番の成果だったね。

 

 

白髪対策で見た目が変わり心までも変えてくれる。
自分が楽しくなれば周りにも楽しさが伝わる。
だから家族の笑顔が増えたんだね。

 

 

関連ページ

アトピーだけど白髪染めをやりたい | 肌荒れが心配な女性へ
アトピーだけど白髪染めをやりたい。でも肌が荒れないか心配と思ってるんですよね?白髪が目立つと見た目にも老けて見えます。そんな白髪はなんとかしたいと誰でも思うことです。ここではアトピーの方に向けた白髪染め対策をまとめました。
腎臓疾患だと白髪染めはダメ? | 病をわずらう女性へ
腎臓疾患だと白髪染めをやっちゃダメ?病を患う女性にとって白髪はなんとかしたいもの。でも、白髪染めは体に影響を及ぼすからダメなど、本当に腎臓疾患だとダメなのかを分かりやすくまとめました。
子育て疲れで白髪が増えた | 老けて見えるのはイヤ!
子育て疲れで白髪が増えるということがあると思いますが、子供は元気でわんぱくなのは当たり前なんです。その元気を活かすのが親の務めで、疲れるような事をやってるから白髪も増えるんです。老けて見えないためにも子育ては子供と一緒に笑顔で楽しくやっていきましょう。
産後急激に白髪が増えた | 白髪染めはいつから大丈夫?
産後急激に白髪増えた。というお母さんが多くいますが、みなさん白髪染めはいつから大丈夫なの?と思われています。そんな産後、目立つ白髪をどのように対処していけばいいのかということをまとめました。
実年齢よりも10歳以上年上に見られた | 若く見せたい女性へ
実年齢よりも10歳以上年上に見られた。というあなた。お肌のお手入れなどやっていたのなら、なおさらショックは大きいはず。美魔女などに憧れてお肌のお手入れをやってもスグには効果出ません。若く見せるにはコツがあります。
白髪が増えてコンプレックスに | 毎日悩み苦しい方へ
白髪が原因で悩んでいませんか?白髪は悩めば悩むほど増えてしまいます。上手く付き合っていくために少しでもあなたの悩み解決のお手伝いができれば幸いです。
白髪染めしたいけど肌が弱い | トラブルを避けたい女性へ
白髪染めをしたいけど肌が弱いという女性へ。染めたことによって頭皮トラブルを起こしかぶれたり、かゆくなったり痛くなったりと大変な思いをされた方も少なくはないはずです。肌が弱いけど白髪染めをしたいというのであれば、トラブルを避ける方法を知る必要があります。
白髪を隠したい方へ | 髪を傷めないでケアする方法
白髪を隠したい!でも白髪染めはやりたくない。髪を傷めずになんとかしたい。と思ってませんか?このページでは白髪を隠したい方へ対策と方法をまとめました。
生理中だけど白髪染めをしたい | 体に悪いか心配な方へ
生理中の白髪染めが体に何らかの影響を与えるのか心配というあなた。生理中の白髪染めについてまとめましたので参考になればうれしいです。
妊娠中だけど白髪染めをしたい | 子供に影響がないか心配なママへ
妊娠中なのに白髪が目立ってイヤ!というお母さんは意外と多いんです。だから妊娠中にも関わらず安易に白髪染めをしてしまうんです。ですが子供に影響がないのか心配。と悩んでいるママもいます。そんなママに贈ります。
肌が弱くても大丈夫な白髪染めは | 敏感肌でかぶれる女性へ
肌が弱くても大丈夫な白髪染めをお探しなんですね。敏感肌だとヒリヒリ痛くなったりかゆくなったりかぶれたりと嫌な思いしたと思います。そのような女性へ肌が弱くても大丈夫な白髪染めについてまとめました。
美容院での白髪染めは経済的に大変 | 自分で染めたい女性へ
美容院で白髪染めをやるには経済的に大変だから自分で染めたいんですね。でも、どういった白髪染めを使えばいいか分からない。というこで種類別にまとめましたのであなたの参考になれば幸いです。
見た目と年齢のギャップが辛い | 老けて見られる女性へ
見た目と年齢のギャップが辛い。というあなた。実年齢よりも老けて見られることに悩んでいるんですね。まずは、なぜ見た目で老けて見られるのかを知る必要があります。
分け目の白髪が目立ってイヤ | 20代後半からの対策
分け目の白髪が目立ってイヤ!という女性が20代後半から多くいますが、白髪とは上手く付き合っていかなければなりません。そのためには染めるだけでなく正しい対策も必要です。