腎臓疾患 白髪染め

MENU




data-ad-client="ca-pub-6001078109975180"
data-ad-slot="2180715687">


腎臓疾患だけど白髪染めをやりたい女性へ

 

 

 

腎臓疾患を患っていると、尿に症状が出るだけでなく
高血圧や身体のむくみ、だるさ、疲労感、食欲低下、吐き気などで、
しんどい毎日を過ごしてると思うの。

 

 

しんどい毎日なのに白髪が伸びて目立ってしまう。

 

 

なんとかしたいと思っているのに腎臓疾患だと白髪染めはやっちゃダメ!
別に問題がなければやっても大丈夫でしょ?

 

 

と思ってるかもしれないけれど、やっちゃダメなのには理由があるんだ。

 

 

まず、白髪染めには色々な種類があることは知ってると思うけど、
一般的にどこにでも売ってるような白髪染めは危険だということ。

 

 

なぜ危険かは、こちらにも詳しく書いてるけど
↓↓↓
白髪染めは体に害がありますか?

 

 

一般的に売られている白髪染めには危険な成分(薬品)が
大量に入ってるの。

 

 

その大量に入った成分を頭皮が吸収することによって、
体に影響を及ぼしてしまうんだ。

 

 

とくに、パラフェニレンジアミン(ジアミン)やアミノフェノールは、
アレルギーを引き起こす原因として、かなり危険な成分なんだ。

 

 

それよりも、もっと危険な成分が過酸化水素水とレゾルシン。

 

 

過酸化水素水は理科の実験などで使いそうな薬品だけど、
身の回りで言えばオキシドールのこと。

 

 

でも、オキシドールより30倍濃いもの。

 

 

ちなみにオキシドールは化粧品に混ぜることを国で禁止してるの。
それくらい危険な成分だから。

 

 

ということは30倍濃い過酸化水素水は当然使用しちゃダメだよね?
でも、白髪染めにはOKが出てる。不思議だね。

 

 

過酸化水素水は脱色剤として白髪染めには必要だけど、
体内に入ることによってアレルギーを起こすだけでなく、
一過性の食中毒症状を引き起こすほど急性毒性が強い劇物なんだ。

 

 

また、レゾルシンも同じく劇物。
皮膚や粘膜を刺激し人によってはアレルギー反応を起こす。

 

 

皮膚から吸収されることによってメトヘモグロビンを生じ、
腎臓障害を起こすんだ。

 

 

これらの危険な劇薬・劇物が入った白髪染めで染めると、
健康な体の人でも悪くなりそう。だということは分かるよね。

 

 

腎臓疾患の方が白髪染めをしたことによって、
気分が悪くなり吐いてしまった。ということもあるんだ。

 

 

さらに、気分が悪くなって吐くだけでなく、
体内では急性尿細管壊死になり急性腎不全を引き起こすことも。

 

 

それくらい白髪染めは危険な成分で出来あがったものなんだ。
だから、一般に売られている白髪染めはダメだということ。

 

 

白髪染め自体がダメ!といわけではないからね。

 

 

白髪染めには初めでも書いたようにいろいろと種類があって、
ケミカルやヘアダイと言われるようなものが危険でダメということ。

 

 

天然成分のものだとアレルギーがないかぎり
安心して白髪を染めれるから大丈夫だよ。

 

 

その代表がヘナ。

 

 

ヘナ100%のものだと大丈夫なんだけど、
最近流通してるヘナには粗悪なものもあるから注意が必要。

 

 

ヘナについてはこちらを参考に。
↓↓↓
ヘナで白髪を染めたらかぶれた

 

 

本当なら白髪を染めないことが一番だよ。
染めない方法としてはウィッグ(かつら)だね。

 

 

これは、髪型チェンジにもなるし気分も変わる。

 

 

いつもと違う気分を味わうことができるから、
違う自分のような気もするよ。

 

 

私もウィッグを使ってるけど楽しいしウキウキする。
そんな感じだよ。

 

 

ここまで、白髪染めの危険性は理解してもらえたと思うけど、
腎臓疾患だからこそ白髪染めに真剣にならないとね。

 

 

白髪を染めるのであれば体に害のない天然成分のもの。
染めないのであればウィッグ。

 

 

 

関連ページ

アトピーだけど白髪染めをやりたい | 肌荒れが心配な女性へ
アトピーだけど白髪染めをやりたい。でも肌が荒れないか心配と思ってるんですよね?白髪が目立つと見た目にも老けて見えます。そんな白髪はなんとかしたいと誰でも思うことです。ここではアトピーの方に向けた白髪染め対策をまとめました。
子育て疲れで白髪が増えた | 老けて見えるのはイヤ!
子育て疲れで白髪が増えるということがあると思いますが、子供は元気でわんぱくなのは当たり前なんです。その元気を活かすのが親の務めで、疲れるような事をやってるから白髪も増えるんです。老けて見えないためにも子育ては子供と一緒に笑顔で楽しくやっていきましょう。
産後急激に白髪が増えた | 白髪染めはいつから大丈夫?
産後急激に白髪増えた。というお母さんが多くいますが、みなさん白髪染めはいつから大丈夫なの?と思われています。そんな産後、目立つ白髪をどのように対処していけばいいのかということをまとめました。
実年齢よりも10歳以上年上に見られた | 若く見せたい女性へ
実年齢よりも10歳以上年上に見られた。というあなた。お肌のお手入れなどやっていたのなら、なおさらショックは大きいはず。美魔女などに憧れてお肌のお手入れをやってもスグには効果出ません。若く見せるにはコツがあります。
白髪が増えてコンプレックスに | 毎日悩み苦しい方へ
白髪が原因で悩んでいませんか?白髪は悩めば悩むほど増えてしまいます。上手く付き合っていくために少しでもあなたの悩み解決のお手伝いができれば幸いです。
白髪染めしたいけど肌が弱い | トラブルを避けたい女性へ
白髪染めをしたいけど肌が弱いという女性へ。染めたことによって頭皮トラブルを起こしかぶれたり、かゆくなったり痛くなったりと大変な思いをされた方も少なくはないはずです。肌が弱いけど白髪染めをしたいというのであれば、トラブルを避ける方法を知る必要があります。
白髪を隠したい方へ | 髪を傷めないでケアする方法
白髪を隠したい!でも白髪染めはやりたくない。髪を傷めずになんとかしたい。と思ってませんか?このページでは白髪を隠したい方へ対策と方法をまとめました。
生理中だけど白髪染めをしたい | 体に悪いか心配な方へ
生理中の白髪染めが体に何らかの影響を与えるのか心配というあなた。生理中の白髪染めについてまとめましたので参考になればうれしいです。
同窓会で老けたと思われたくない | 白髪が老いを感じさせる
同窓会で老けたと思われたいくないですよね。。女性ならそう思うのは当たり前です。年齢を重ねてくると白髪が目立つように・・・そんな白髪が老いを感じさせる一番の原因です。同窓会で老けた姿を見せない為にも白髪対策が必要です。
妊娠中だけど白髪染めをしたい | 子供に影響がないか心配なママへ
妊娠中なのに白髪が目立ってイヤ!というお母さんは意外と多いんです。だから妊娠中にも関わらず安易に白髪染めをしてしまうんです。ですが子供に影響がないのか心配。と悩んでいるママもいます。そんなママに贈ります。
肌が弱くても大丈夫な白髪染めは | 敏感肌でかぶれる女性へ
肌が弱くても大丈夫な白髪染めをお探しなんですね。敏感肌だとヒリヒリ痛くなったりかゆくなったりかぶれたりと嫌な思いしたと思います。そのような女性へ肌が弱くても大丈夫な白髪染めについてまとめました。
美容院での白髪染めは経済的に大変 | 自分で染めたい女性へ
美容院で白髪染めをやるには経済的に大変だから自分で染めたいんですね。でも、どういった白髪染めを使えばいいか分からない。というこで種類別にまとめましたのであなたの参考になれば幸いです。
見た目と年齢のギャップが辛い | 老けて見られる女性へ
見た目と年齢のギャップが辛い。というあなた。実年齢よりも老けて見られることに悩んでいるんですね。まずは、なぜ見た目で老けて見られるのかを知る必要があります。
分け目の白髪が目立ってイヤ | 20代後半からの対策
分け目の白髪が目立ってイヤ!という女性が20代後半から多くいますが、白髪とは上手く付き合っていかなければなりません。そのためには染めるだけでなく正しい対策も必要です。