白髪 隠したい

MENU




data-ad-client="ca-pub-6001078109975180"
data-ad-slot="2180715687">


白髪を隠したいけど髪を傷めたくない!何かいい方法は?

 

 

白髪を隠したい!

 

 

でも、白髪染めは髪が傷むし頭皮ダメージも気になる。
そう思ってない?

 

 

もしくは白髪染めをやったことがあって
髪が傷んでしまった。頭皮がかぶれた。
なんて経験があるのかもしれないね。

 

 

どちらにしても使う白髪染めによって変わってくるよ。

 

 

どこのお店でも売られているような安価な白髪染めは
白髪を隠すことはできても髪を傷める原因になるよ。

 

 

髪を傷めるだけならまだしも、頭皮にダメージを与え
最悪の場合アレルギー反応を引き起こすことにもなるから。

 

 

もし、アナフィラキシーショックにでもなろうものなら
呼吸困難など大変な目に合うよ。

 

 

ま、それだけ市販の白髪染めは危険と隣り合わせ。
ということ。

 

 

だから、白髪染めをやる場合は、
あなたに合ったものを使わないといけないよ。

 

 

髪を傷めないもの。頭皮にダメージを与えないもの。

 

 

これをたくさんある白髪染めの中から選べ。
と言われてもどれを使えばいいか分からないよね。

 

 

だから選ぶ基準をまとめたから参考にしてね。

 

  1. ジアミン成分の入っていないもの
  2. 過酸化水素を使っていないもの
  3. 天然成分で作られているもの

 

ジアミン成分の入ってないものをチェックするには
白髪染めの箱に書かれている成分表のところに書かれてる。
ネットで見るのなら成分表のところをチェックしてね。

 

 

●●ジアミン・▲▲ジアミン・■■ジアミン
というような感じで書かれてあったら使わないこと。

 

 

ジアミン成分が頭皮へダメージを与える原因になるから
この成分が入っている白髪染めは避けてね。

 

 

過酸化水素?
なんか理科の実験に出てきそうな名前だけど
かなり危険なものなんだ。

 

 

これはいったい何なのかというと、
オキシドールってあるよね。あれの30倍も濃いもので、
髪の色素を漂泊(脱色)するものなんだ。

 

※オキシドールは発ガン性があり化粧品として使うことを
 国で禁止されています。

 

 

1剤、2剤と混合して使う白髪染めの2剤の方ね。

 

 

これがないと髪に色が入らないんだ。
でも、無理やりキューティクルを開き脱色するから
髪が傷まないわけがないよ。

 

 

だから、混合タイプの白髪染めは避ける。

 

 

天然成分の白髪染めと言えば「ヘナ」が有名。
ヘナは私もいいと思うよ。

 

 

でも、美容院などのヘナには注意しておいてね。
ヘナで白髪染め。と書かれていてもジアミンを混ぜている
ヘナを使うところが多いから。

 

 

ま、それは仕方ないんだけどね。
美容院は染めることが仕事だから。

 

 

ジアミンが入ってることによって染まり具合が良くなり
時間も短く染められるから。

 

 

だからジアミン入りのヘナを美容院は使うんだ。

 

 

ジアミンが入っていたらヘナを使う意味がなくなるから
美容院で染める場合はヘナ100%であるかチェックが必要。

 

 

100%のヘナを使ってるのであれば染めても大丈夫だよ。

 

 

また、ヘナを自分でやりたい場合は値段で決めずに
新鮮で100%ヘナであることが分かるところで購入すること。

 

 

そして、時間に余裕があるときに染めること。
かなり時間がかかるから。

 

 

ほかの天然成分の白髪染めは、
市販ではあまり見つからないと思うからネットになると思う。

 

 

この場合は、レビューなどを見て購入すること。

 

 

白髪染めを売るためのウソのレビューなどに引っかからないように
注意して選んでね。

 

 

私はレビューをよく見て自分に合ったものをみつけたから。
白髪染めで髪が傷むということはないし頭皮にダメージもない。

 

 

染めること自体を拒否するのであれば、
白髪を隠すという方法の最終手段としてウィッグ!

 

 

髪を傷めることなく隠せるから。

 

 

じつは私も白髪染後の伸びた白髪を隠すのに
コッソリ使ってるよ。

 

 

意外とバレることなく楽しく使えてる。
しかも若返った気分になれるんだ。

 

 

5歳は気分的にも若くなってるかな?
自分で言うのもなんだけど・・・

 

 

笑顔が増えたのは間違いないけどね。

 

 

白髪を隠したいのであれば
ウィッグも選択しに入れた方が楽になるよ。

 

 

関連ページ

アトピーだけど白髪染めをやりたい | 肌荒れが心配な女性へ
アトピーだけど白髪染めをやりたい。でも肌が荒れないか心配と思ってるんですよね?白髪が目立つと見た目にも老けて見えます。そんな白髪はなんとかしたいと誰でも思うことです。ここではアトピーの方に向けた白髪染め対策をまとめました。
腎臓疾患だと白髪染めはダメ? | 病をわずらう女性へ
腎臓疾患だと白髪染めをやっちゃダメ?病を患う女性にとって白髪はなんとかしたいもの。でも、白髪染めは体に影響を及ぼすからダメなど、本当に腎臓疾患だとダメなのかを分かりやすくまとめました。
子育て疲れで白髪が増えた | 老けて見えるのはイヤ!
子育て疲れで白髪が増えるということがあると思いますが、子供は元気でわんぱくなのは当たり前なんです。その元気を活かすのが親の務めで、疲れるような事をやってるから白髪も増えるんです。老けて見えないためにも子育ては子供と一緒に笑顔で楽しくやっていきましょう。
産後急激に白髪が増えた | 白髪染めはいつから大丈夫?
産後急激に白髪増えた。というお母さんが多くいますが、みなさん白髪染めはいつから大丈夫なの?と思われています。そんな産後、目立つ白髪をどのように対処していけばいいのかということをまとめました。
実年齢よりも10歳以上年上に見られた | 若く見せたい女性へ
実年齢よりも10歳以上年上に見られた。というあなた。お肌のお手入れなどやっていたのなら、なおさらショックは大きいはず。美魔女などに憧れてお肌のお手入れをやってもスグには効果出ません。若く見せるにはコツがあります。
白髪が増えてコンプレックスに | 毎日悩み苦しい方へ
白髪が原因で悩んでいませんか?白髪は悩めば悩むほど増えてしまいます。上手く付き合っていくために少しでもあなたの悩み解決のお手伝いができれば幸いです。
白髪染めしたいけど肌が弱い | トラブルを避けたい女性へ
白髪染めをしたいけど肌が弱いという女性へ。染めたことによって頭皮トラブルを起こしかぶれたり、かゆくなったり痛くなったりと大変な思いをされた方も少なくはないはずです。肌が弱いけど白髪染めをしたいというのであれば、トラブルを避ける方法を知る必要があります。
生理中だけど白髪染めをしたい | 体に悪いか心配な方へ
生理中の白髪染めが体に何らかの影響を与えるのか心配というあなた。生理中の白髪染めについてまとめましたので参考になればうれしいです。
同窓会で老けたと思われたくない | 白髪が老いを感じさせる
同窓会で老けたと思われたいくないですよね。。女性ならそう思うのは当たり前です。年齢を重ねてくると白髪が目立つように・・・そんな白髪が老いを感じさせる一番の原因です。同窓会で老けた姿を見せない為にも白髪対策が必要です。
妊娠中だけど白髪染めをしたい | 子供に影響がないか心配なママへ
妊娠中なのに白髪が目立ってイヤ!というお母さんは意外と多いんです。だから妊娠中にも関わらず安易に白髪染めをしてしまうんです。ですが子供に影響がないのか心配。と悩んでいるママもいます。そんなママに贈ります。
肌が弱くても大丈夫な白髪染めは | 敏感肌でかぶれる女性へ
肌が弱くても大丈夫な白髪染めをお探しなんですね。敏感肌だとヒリヒリ痛くなったりかゆくなったりかぶれたりと嫌な思いしたと思います。そのような女性へ肌が弱くても大丈夫な白髪染めについてまとめました。
美容院での白髪染めは経済的に大変 | 自分で染めたい女性へ
美容院で白髪染めをやるには経済的に大変だから自分で染めたいんですね。でも、どういった白髪染めを使えばいいか分からない。というこで種類別にまとめましたのであなたの参考になれば幸いです。
見た目と年齢のギャップが辛い | 老けて見られる女性へ
見た目と年齢のギャップが辛い。というあなた。実年齢よりも老けて見られることに悩んでいるんですね。まずは、なぜ見た目で老けて見られるのかを知る必要があります。
分け目の白髪が目立ってイヤ | 20代後半からの対策
分け目の白髪が目立ってイヤ!という女性が20代後半から多くいますが、白髪とは上手く付き合っていかなければなりません。そのためには染めるだけでなく正しい対策も必要です。