美容院 白髪染め 経済的

MENU




data-ad-client="ca-pub-6001078109975180"
data-ad-slot="2180715687">


美容院で白髪染めをするには経済的に余裕がない

 

 

 

最近白髪が目立つなぁ〜
美容院に行くには経済的に余裕がないし・・・

 

 

でも、なんとかしないと・・・

 

 

そのような悩みを抱えていると思うけど、
経済的にも考えて美容院で白髪染めをするには
結構料金がかかってバカにならないよね。

 

 

しかも、美容院で染めたから大丈夫と思っていても
数週間でまた白髪が目立つようになるんだよね。

 

 

そんな白髪に毎回美容院で染めていたら
めちゃめちゃお金がかかって大変。

 

 

だから 「自分で染めよう!」と決意したんだよね。

 

 

自分で染めようと決意したのはいいんだけど、
白髪染めの種類が多くて何を使えばいいか迷うし、
良く分からないといったことがあると思うの。

 

 

まずは白髪染めを選ぶ基準を持つ

 

□ 白髪染めで頭皮がピリピリした
□ 白髪染めで頭皮がかゆくなった
□ 白髪染めで頭皮がかぶれた
□ 髪の毛のダメージが気になる

 

 

など、これらのことが当てはまるようならドラッグストアなどで購入できる
安価なヘアダイ(2液混合タイプ)の使用は控えること。

 

 

ヘアダイといわれる2液混合するタイプの白髪染めは
ジアミンと呼ばれる薬品が入っているため頭皮にダメージを与え
ピリピリとした痛みやかゆみ、かぶれを引き起こすんだ。

 

 

また、1度そのような症状になると使用を避けないとダメ。
最悪の場合アナフィラキシーショックを引き起こすから。

 

 

また、髪の毛に塗布した時点から化学反応し、
頭皮の上では化学工場が出来あがるんだ。

 

 

このときにキューティクルを無理やり開き髪の中にある色素を破壊し、
色を入れて髪を染めているの。

 

 

染まり具合は満足のいくものなんだけど、
髪には大ダメージを与えるんだ。

 

 

だからヘアダイ(2液混合タイプ)は上記のことが
当てはまるというあなたには向かないよ。

 

 

ヘアマニキュアも市販されていたりネットで購入できたりと
さまざまなものが多くあるけど、先ほどのヘアダイとの違いは、
髪の中から染めるのではなく髪をコーティングする感じ。

 

 

だから、ヘアマニキュア自体に髪の毛に良いとされる
天然成分配合のものもあるんだ。

 

 

ただし、コーティングするタイプの白髪染めだから、
洗髪することによって色落ちするというデメリットがあるの。
ついでに1度では染まりにくいということも付け加えとくね。

 

 

持続性は3週間くらいが目安になるよ。

 

 

お風呂で出来るタイプやシャンプーが白髪染めになっていたりと
さまざまな種類があるのも人気の1つだね。

 

 

もちろん、頭皮が弱かったり敏感肌という場合には、
かぶれたり痛みを発したりといった症状が現れることもあるよ。

 

 

それでもヘアダイと比べると頭皮や髪に与えるダメージは少なく
安心して使える白髪染めなんだ。

 

 

最後に知ってると思うけど 『 ヘナ 』

 

 

これは「究極のトリートメント剤」といわれるんだ。
ヘナは白髪染めと思ってる方が多いけどそうではないの。

 

 

白髪染めもできるしトリートメント剤としても使えるということ。

 

 

ヘナには余計な化学成分が入っていないため
頭皮にも髪にもダメージを与えないんだ。
反対に頭皮にも髪にも良いんだよ。

 

 

だから、エジプトやインドで何千年も使い続けてるんだ。

 

 

ヘナが頭皮や髪にいいのは分かってもらえたと思うけど
デメリットもあるんだよ。

 

□ 染まるまでに時間がかかる
□ 白髪はオレンジ色にしか染まらない
□ めんどう
□ 100%ヘナと書かれていても偽物がある
□ 古いヘナを薬品で新鮮に見せてる

 

 

このように染まるまでに時間はかかるし面倒なんだ。
また、偽物や化学薬品を混ぜたものが横行してる現実もあるの。

 

 

だから安いからといって購入すると「偽物ヘナ」の可能性があるよ。

 

 

日本人の手によってチェックが入ったものを購入することが、
本物のヘナを手にする大事なポイントだね。

 

 

頭皮や髪のダメージを気にしない。
というのであればヘアダイで染めると満足できるよ。

 

 

頭皮や髪のダメージが気になる。
でも、面倒なのはイヤ。

 

 

というのであればヘアマニキュアだね。

 

 

面倒でも頭皮や髪をダメージから守り、
さらに髪をキレイにしていきたい。

 

 

というのであればヘナ。

 

 

これらのことを頭に入れて白髪染めを選んでね。

 

 

いろいろなメーカから白髪染めが出てるけど、
使ってみたい白髪染めを使うといいよ。

 

 

ただし、ヘアダイ・ヘアマニキュア・ヘナの
どれで染めるかはちゃんときめとかないとダメだからね。

 

 

ツヤツヤの光った髪は年齢を若く見せてくれるよ♪

 

 

関連ページ

アトピーだけど白髪染めをやりたい | 肌荒れが心配な女性へ
アトピーだけど白髪染めをやりたい。でも肌が荒れないか心配と思ってるんですよね?白髪が目立つと見た目にも老けて見えます。そんな白髪はなんとかしたいと誰でも思うことです。ここではアトピーの方に向けた白髪染め対策をまとめました。
腎臓疾患だと白髪染めはダメ? | 病をわずらう女性へ
腎臓疾患だと白髪染めをやっちゃダメ?病を患う女性にとって白髪はなんとかしたいもの。でも、白髪染めは体に影響を及ぼすからダメなど、本当に腎臓疾患だとダメなのかを分かりやすくまとめました。
子育て疲れで白髪が増えた | 老けて見えるのはイヤ!
子育て疲れで白髪が増えるということがあると思いますが、子供は元気でわんぱくなのは当たり前なんです。その元気を活かすのが親の務めで、疲れるような事をやってるから白髪も増えるんです。老けて見えないためにも子育ては子供と一緒に笑顔で楽しくやっていきましょう。
産後急激に白髪が増えた | 白髪染めはいつから大丈夫?
産後急激に白髪増えた。というお母さんが多くいますが、みなさん白髪染めはいつから大丈夫なの?と思われています。そんな産後、目立つ白髪をどのように対処していけばいいのかということをまとめました。
実年齢よりも10歳以上年上に見られた | 若く見せたい女性へ
実年齢よりも10歳以上年上に見られた。というあなた。お肌のお手入れなどやっていたのなら、なおさらショックは大きいはず。美魔女などに憧れてお肌のお手入れをやってもスグには効果出ません。若く見せるにはコツがあります。
白髪が増えてコンプレックスに | 毎日悩み苦しい方へ
白髪が原因で悩んでいませんか?白髪は悩めば悩むほど増えてしまいます。上手く付き合っていくために少しでもあなたの悩み解決のお手伝いができれば幸いです。
白髪染めしたいけど肌が弱い | トラブルを避けたい女性へ
白髪染めをしたいけど肌が弱いという女性へ。染めたことによって頭皮トラブルを起こしかぶれたり、かゆくなったり痛くなったりと大変な思いをされた方も少なくはないはずです。肌が弱いけど白髪染めをしたいというのであれば、トラブルを避ける方法を知る必要があります。
白髪を隠したい方へ | 髪を傷めないでケアする方法
白髪を隠したい!でも白髪染めはやりたくない。髪を傷めずになんとかしたい。と思ってませんか?このページでは白髪を隠したい方へ対策と方法をまとめました。
生理中だけど白髪染めをしたい | 体に悪いか心配な方へ
生理中の白髪染めが体に何らかの影響を与えるのか心配というあなた。生理中の白髪染めについてまとめましたので参考になればうれしいです。
同窓会で老けたと思われたくない | 白髪が老いを感じさせる
同窓会で老けたと思われたいくないですよね。。女性ならそう思うのは当たり前です。年齢を重ねてくると白髪が目立つように・・・そんな白髪が老いを感じさせる一番の原因です。同窓会で老けた姿を見せない為にも白髪対策が必要です。
妊娠中だけど白髪染めをしたい | 子供に影響がないか心配なママへ
妊娠中なのに白髪が目立ってイヤ!というお母さんは意外と多いんです。だから妊娠中にも関わらず安易に白髪染めをしてしまうんです。ですが子供に影響がないのか心配。と悩んでいるママもいます。そんなママに贈ります。
肌が弱くても大丈夫な白髪染めは | 敏感肌でかぶれる女性へ
肌が弱くても大丈夫な白髪染めをお探しなんですね。敏感肌だとヒリヒリ痛くなったりかゆくなったりかぶれたりと嫌な思いしたと思います。そのような女性へ肌が弱くても大丈夫な白髪染めについてまとめました。
見た目と年齢のギャップが辛い | 老けて見られる女性へ
見た目と年齢のギャップが辛い。というあなた。実年齢よりも老けて見られることに悩んでいるんですね。まずは、なぜ見た目で老けて見られるのかを知る必要があります。
分け目の白髪が目立ってイヤ | 20代後半からの対策
分け目の白髪が目立ってイヤ!という女性が20代後半から多くいますが、白髪とは上手く付き合っていかなければなりません。そのためには染めるだけでなく正しい対策も必要です。