産後 白髪

MENU




data-ad-client="ca-pub-6001078109975180"
data-ad-slot="2180715687">


産後白髪がかなり増えた。白髪染めをやりたいけど大丈夫?

 

 

 

産後急激に白髪が増えた!

 

 

というお母さんが昨今増加傾向にあるけど、
このページを見てるあなたもそうなんだね。

 

 

〜 出産することによって白髪が増た理由 〜

 

□ ホルモンバランスの崩れ
□ 胎児にカルシウムなどの栄養供給

 

 

これらが原因で白髪が増えたんだ。

 

 

それならホルンバランスがもとに戻り
サプリなどでカルシウムなどの栄養を補給すると
白髪はもとの黒髪戻るのでは?

 

 

普通だったらそう思うかもしれないよね。
でも1度白髪になった髪は残念だけど
元の黒髪に戻ることはないんだ。

 

 

現在の医学では白髪になるメカニズムはほぼ解明されてるけど
白髪を黒髪に戻すことは解明されておらず研究中なんだ。

 

 

医学で解明されてなくても大丈夫!

 

「 白髪は黒髪には戻らない 」 ということは理解できたかな?

 

 

それを理解したうえでこれからは
白髪とうまく付き合って行けばいいだけだからね。

 

 

産後だから白髪染めをしちゃいけない!

 

 

ということを聞いたことがあると思うけどそんなことはないの。

 

 

産後だから不安だと思うけどたしかに産後という特別な時期でもあるから
通常とは体も変化してるし頭皮も敏感になっているんだ。

 

 

その状態で白髪染めをするとアレルギー反応やかぶれ、めまい
などのさまざまな症状を引き起こす確率がアップするんだ。

 

 

ただ産後ママ全員がなるわけではない。
ということも理解しておいてね。

 

 

大事なのは使う白髪染め

 

 

市販の白髪染めのような安くて染まると言われるものには、
頭皮に異常をきたす成分の「ジアミン」がほぼ入っているため
先ほどの症状を引き起こすことになりかねないよ。

 

 

安心して白髪を染めたいのであれば面倒だけど 「ヘナ」 だね。

 

 

ヘナは白髪染めだけでなく究極のトリートメントと言われ
髪にも体にもいいんだ。

 

 

産後の白髪染めをやるのであれば 「ヘナ」 で染めること。
市販の安価な白髪染めで何らかの異常が出てからでは遅いからね。

 

 

母乳のママは市販品は危険!

 

まず第一に母乳で子育てをしているということは、
お子さんはあなたから栄養を摂っているということだよね。

 

 

子供にはスクスクと健康で大きくなってもらうのが
お母さんとしてはうれしくて笑顔になれる瞬間だよね。

 

 

だから、少しでも母乳に影響の出るようなものは避けるべきなんだよ。
市販品の白髪染めには危険な成分がいっぱい入ってるから。

 

 

詳しくはこちらを参考に

 

⇒ 授乳中の白髪染めは大丈夫?

 

 

自分の体のことを考えるとともに、子供のことも考えること。
そのためには何が最善の方法なのかを考え白髪と向き合ってね。

 

 

「ウィッグ」という選択肢も考える

 

白髪をなんとかする方法として体にも母乳にも影響の出ないのが
「ウィッグ」を使った白髪を隠す方法。

 

 

ウィッグを今まで使ったことのないあなたには抵抗があるかもしれないけど、
なれると「こんなに楽なものがあったんだ♪」と思えるようになるよ。

 

 

初めは人からウィッグとバレるんじゃないかとビクビクすることもあるけど、
実際はバレることはないよ。それよりも人は思ったほど見てないから。

 

 

だから安心して白髪を隠せるしウィッグを数種類持っていれば、
髪型もその日その日で気分によって変えることもできるからね。

 

 

私としてはウィッグは白髪染めよりもお気に入りで〜す♪
楽しいから ^ ^

 

 

目立つ嫌な白髪をどうするか?

 

  1. ジアミン入りの安い白髪染めを使う
  2. 天然成分100%の 「ヘナ」 で染める
  3. 体の回復までの間、母乳が終わるまでの間「ウィッグ」で過ごす

 

あなたが白髪に対してどうしたいのかという思いと、
体や子供に対しての思いで対処すること。

 

 

我慢をせずに白髪のストレスから解放されることが
一番大事ですからね。

 

 

乳母車を押して子供と笑顔で散歩できる毎日って
楽しくって最高にいいですよ♪

 

 

関連ページ

アトピーだけど白髪染めをやりたい | 肌荒れが心配な女性へ
アトピーだけど白髪染めをやりたい。でも肌が荒れないか心配と思ってるんですよね?白髪が目立つと見た目にも老けて見えます。そんな白髪はなんとかしたいと誰でも思うことです。ここではアトピーの方に向けた白髪染め対策をまとめました。
腎臓疾患だと白髪染めはダメ? | 病をわずらう女性へ
腎臓疾患だと白髪染めをやっちゃダメ?病を患う女性にとって白髪はなんとかしたいもの。でも、白髪染めは体に影響を及ぼすからダメなど、本当に腎臓疾患だとダメなのかを分かりやすくまとめました。
子育て疲れで白髪が増えた | 老けて見えるのはイヤ!
子育て疲れで白髪が増えるということがあると思いますが、子供は元気でわんぱくなのは当たり前なんです。その元気を活かすのが親の務めで、疲れるような事をやってるから白髪も増えるんです。老けて見えないためにも子育ては子供と一緒に笑顔で楽しくやっていきましょう。
実年齢よりも10歳以上年上に見られた | 若く見せたい女性へ
実年齢よりも10歳以上年上に見られた。というあなた。お肌のお手入れなどやっていたのなら、なおさらショックは大きいはず。美魔女などに憧れてお肌のお手入れをやってもスグには効果出ません。若く見せるにはコツがあります。
白髪が増えてコンプレックスに | 毎日悩み苦しい方へ
白髪が原因で悩んでいませんか?白髪は悩めば悩むほど増えてしまいます。上手く付き合っていくために少しでもあなたの悩み解決のお手伝いができれば幸いです。
白髪染めしたいけど肌が弱い | トラブルを避けたい女性へ
白髪染めをしたいけど肌が弱いという女性へ。染めたことによって頭皮トラブルを起こしかぶれたり、かゆくなったり痛くなったりと大変な思いをされた方も少なくはないはずです。肌が弱いけど白髪染めをしたいというのであれば、トラブルを避ける方法を知る必要があります。
白髪を隠したい方へ | 髪を傷めないでケアする方法
白髪を隠したい!でも白髪染めはやりたくない。髪を傷めずになんとかしたい。と思ってませんか?このページでは白髪を隠したい方へ対策と方法をまとめました。
生理中だけど白髪染めをしたい | 体に悪いか心配な方へ
生理中の白髪染めが体に何らかの影響を与えるのか心配というあなた。生理中の白髪染めについてまとめましたので参考になればうれしいです。
同窓会で老けたと思われたくない | 白髪が老いを感じさせる
同窓会で老けたと思われたいくないですよね。。女性ならそう思うのは当たり前です。年齢を重ねてくると白髪が目立つように・・・そんな白髪が老いを感じさせる一番の原因です。同窓会で老けた姿を見せない為にも白髪対策が必要です。
妊娠中だけど白髪染めをしたい | 子供に影響がないか心配なママへ
妊娠中なのに白髪が目立ってイヤ!というお母さんは意外と多いんです。だから妊娠中にも関わらず安易に白髪染めをしてしまうんです。ですが子供に影響がないのか心配。と悩んでいるママもいます。そんなママに贈ります。
肌が弱くても大丈夫な白髪染めは | 敏感肌でかぶれる女性へ
肌が弱くても大丈夫な白髪染めをお探しなんですね。敏感肌だとヒリヒリ痛くなったりかゆくなったりかぶれたりと嫌な思いしたと思います。そのような女性へ肌が弱くても大丈夫な白髪染めについてまとめました。
美容院での白髪染めは経済的に大変 | 自分で染めたい女性へ
美容院で白髪染めをやるには経済的に大変だから自分で染めたいんですね。でも、どういった白髪染めを使えばいいか分からない。というこで種類別にまとめましたのであなたの参考になれば幸いです。
見た目と年齢のギャップが辛い | 老けて見られる女性へ
見た目と年齢のギャップが辛い。というあなた。実年齢よりも老けて見られることに悩んでいるんですね。まずは、なぜ見た目で老けて見られるのかを知る必要があります。
分け目の白髪が目立ってイヤ | 20代後半からの対策
分け目の白髪が目立ってイヤ!という女性が20代後半から多くいますが、白髪とは上手く付き合っていかなければなりません。そのためには染めるだけでなく正しい対策も必要です。