ヘナ 面倒

MENU




data-ad-client="ca-pub-6001078109975180"
data-ad-slot="2180715687">


ヘナは本当に面倒なの?

 

 

ヘナは本当に面倒なの?ということだけど
面倒か面倒じゃないかと言えば・・・

 

 

めんどう!

 

 

でも人気があるんだよね。

 

 

面倒なのに人気があるのには
それなりの理由があるからなんだ。

 

 

理由は後で書くね。

 

 

自宅染めをする場合、
ヘナのどんなところが面倒なのか?

 

 

ヘナ以外の白髪染めを使ったことがあるなら
それをイメージして比べながら読んでね。

 

 

ヘナは鮮度が一番重要!
ヘナ100%のものを購入する。

 

 

古くなって酸化したヘナでは新鮮なヘナに比べて
格段に染まり具合が悪くなるから。

 

 

新鮮なヘナを必要な分量だけ
入れ物に取り出し熱湯で練っていく。
マヨネーズくらいの固さ。

 

 

なぜ熱湯で練っていくのかというと
ヘナの中にあるローソニアアルバという成分が
髪の毛のたんぱく質に着色させるんだ。

 

 

十分にその成分を抽出するために
熱湯が一番ということ。

 

 

ここで、頭皮や髪のことを考えて
ハーブミックスなど混ぜてもいいよ。

 

 

マヨネーズの固さに練り上げたら
髪ではなく頭皮めがけて塗り込む

 

 

頭皮にダメージが・・・
敏感肌だから・・・

 

 

そんなの関係ねぇ〜!
ってな感じで頭皮めがけてヘナを塗り込むべし!
塗って塗って塗りまくる。

 

 

全体にまんべんなく塗り込むことができたら
髪を頭頂部あたりでゴムなんかでまとめる。

 

 

そして保湿をする。

 

 

そうそう始めに書いてなかったけど
ヘナは温度と湿度が重要なんだ。

 

 

だからヘナを乾燥させないこと!

 

 

パサパサに乾いてしまったら白髪は染まらないよ。
乾かさないためにもラップでグルグル巻きにする。

 

 

さらに、蒸しタオルをラップの上から巻く。

 

 

ちなみに蒸しタオルは水に濡らしたタオルを
レンジでチンするとすぐできるからね。
取り出すときにやけどしないように注意してね。

 

 

そしてさらに、シャワーキャップをかぶって
保湿を高める。

 

 

この状態で放置する。時間は30分〜数時間。
好きなだけ放置していいよ。

 

 

長ければ長いほどいいから。
中には寝てしまう人もいるくらい・・・

 

 

放置したら一度キレイに洗い流す。

 

 

洗い流しが終わったら、
今度はインディゴで色付けするんだ。

 

 

だけど、このインディゴはわがままなやつなんだ。
髪の毛のたんぱく質と一緒になるのがイヤみたい。

 

 

だからインディゴだけの白髪染めは染まらない。
そのためヘナと一緒に混ぜ合わせるんだ。

 

 

白髪を黒く染めたいのであれば
インディゴ 大さじ4 ヘナ 大さじ1

 

 

明るくしたいという場合には比率を変える。
インディゴ 大さじ2 ヘナ 大さじ3

 

 

こんな感じで比率を変えながら
あなたに合った色を見つけること。

 

 

大さじで表示してるけど、
量は髪の多さによって変わるから
大さじを中さじ、小さじにしたらいいよ。

 

 

後はヘナで染めた時と同じ。
ただ違うのが保湿時間。放置時間だね。

 

 

インディゴはヘナがないと染まらないよ。
ってさっき書いたよね。

 

 

ヘナがインディゴを説得してるんだ。
髪を染めてよ〜って。

 

 

でも、インディゴは15分しか働かないの。
持続力がないから。

 

 

だから保湿時間を15分以上取っても
染まることはないからね。

 

 

15分経ったら、とっととお湯で流すこと。
しっかりと流すんだよ。

 

 

インディゴで染めた後はきしむから
リンスはした方がいいよ。

 

 

でも、シャンプーはダメだからね!
24時間はシャンプーをしないこと。
色が抜けちゃうから。

 

 

最後にタオルドライをしてから乾燥させて終了。

 

 

どう?ヘナで染めるにはこんな感じなんだよ。

 

 

あれ、ヘナだけじゃないの?
と思うかもしれないけどヘナだけで染めると
白髪がオレンジ色になるんだ。

 

 

だからオレンジ色になった白髪にインディゴで
色を付けていくんだ。

 

 

ここまでやって白髪をヘナで染めることができるの。
これが面倒な理由だね。

 

 

こんなに面倒なのに人気がある理由はいくつかあるけど

 

  • 敏感肌でも大丈夫
  • 頭皮ダメージが気にならない
  • 髪がしっとりとする
  • 髪がツヤツヤになる
  • 髪にハリ、コシが出た
  • 髪が若返った!

 

このような理由で面倒なヘナでも人気なんだ。
※植物アレルギーの方はご使用をお控え下さい。

 

 

面倒でもこのような理由で白髪を染めたい。
と思うのであればヘナを使えばいいと思う。

 

 

朝早く夜遅く帰ってくるような仕事をしてるあなたは
ヘナで染めるには時間がかかって嫌気がさすと思うよ。

 

 

準備も放置時間もインディゴも洗い流しも・・・
ゆっくり時間が取れる方向けの白髪染めかな?

 

 

だから時間の取れないというあなたは不向きだよ。

 

 

せっかくの休みの日を白髪染めで潰したくないよね。
そんなあなたはヘナ以外の白髪染めに挑戦すること。

 

 

そして、あなたに合った白髪染めを見つけて
キレイな髪を保ってね。

 

関連ページ

ヘナでアレルギーは起こる? | 敏感肌で白髪染めが怖い方へ
ヘナでアレルギー反応は起こるの?と敏感肌の方はとくに心配だと思いますが、全ての方にアレルギー反応が出るわけではありません。ヘナでかぶれたとしても2つの捉え方があります。
ヘナで白髪を染めたらかぶれた | 頭皮が敏感な女性へ
ヘナで白髪染めをしたらかぶれた。ということをよく聞きますが、100%天然のものを使用したのかが重要です。ヘナカラーなど白髪を早く染めるために作られたものには、かぶれる原因となる成分が含まれています。頭皮が敏感だからこそ、本物のヘナがどういったものなのかを知る必要があります。
ヘナにジアミンが入ってる?知らずに染めると危険!
ヘナにジアミンが入っているということを知らない方が多すぎる。ヘナと聞いただけで髪や頭皮にやさしい白髪染めと思っていませんか?安全なものと危険な物の違いが分からないと大変なことになりますよ。
ヘナの独特な臭いが嫌いな方へ | 匂い対策で快適に
ヘナの独特な臭いが嫌い!という方が多くいますが、匂い対策をやっていますか?ヘナの臭いを緩和するためにも対策が必要です。
ヘナのメリット・デメリットは? | 体への害が心配な女性へ
ヘナのメリット・デメリットが心配なんですね。とくに体への害が気になるというあなたのためにヘナのメリット・デメリットをまとめました。安心して使ってもらうためにもしっかりと読んで下さいね。
ヘナは地肌に安心ですか | 頭皮ダメージが気になる方へ
ヘナは地肌に安心か?ということで疑問を持たれているあなたは頭皮ダメージが気になるということですね?ヘナが地肌に安心かどうか詳しくまとめましたので参考にされてください。
ヘナは頭皮に安全? | 肌が弱いけど白髪を染めたい女性へ
ヘナは頭皮に安全なのか心配なんですね。肌が弱いとヘアダイなど市販の白髪染めでかぶれた経験もあると思います。天然のヘナなら頭皮も大丈夫かな?という疑問にお答えします。
ヘナはハリ・コシが出るの? | 髪の傷みが気になる女性へ
ヘナはハリ・コシが出るってホント?白髪を染めるだけじゃないの?と思っているあなた「ヘナ」は究極のトリートメント剤として効果が高い植物です。白髪染めをやりながら髪のハリ・コシアップまでやってくれます。ただし100%本物じゃないと意味がありません。 効果や選び方などをまとめました。
ヘナを使って上手に染めたい | キレイに白髪染めするコツは
ヘナを使って上手に染めたい。ということは上手く染まらなかった、もしくは初めてヘナを使う。使ってみようかな?そういうあなたにヘナを使って白髪をキレイに染めるコツを紹介します。