20代 白髪 多い

MENU




data-ad-client="ca-pub-6001078109975180"
data-ad-slot="2180715687">


20代で白髪が多い女性のための予防と対策

20代というと恋愛に忙しい年頃。
それなのに白髪に悩まされるなんて
ほんと嫌になるよね。

 

 

白髪が原因でいろいろと悩んだりしていない?
彼氏が欲しいけど白髪が・・・
周囲の視線が気になって・・・

 

 

など、悩めば悩むほどストレスになるから
白髪の餌食になってしまうの。

 

 

白髪とは上手く付き合っていくしかないんだよ。

 

 

今ある白髪が明日から消えてなくなる。
ということはありえないんだ。

 

 

残念だけど現在の医学では生えている白髪を
黒くすることはできないの。

 

 

だから、白髪が元の黒髪に戻ることはないんだ。

 

 

ということは、白髪のことで悩む必要もなければ
くよくよする必要もないの。

 

 

生えてしまった白髪と上手く付き合う方が
よっぽど大事だからね。

 

 

まず生える原因として、
遺伝や老化、ストレス、栄養不足などがあるんだ。

 

 

今後、白髪を予防するためにも、
あなたの白髪が生えた原因を知っておいた方がいいよ。

 

 

私の場合はストレスだったけど。
20代で結婚し、旦那の浮気が原因で離婚。
これがストレスとなり白髪が急激に増えたんだ。

 

 

私のようにストレスが原因であれば
ストレスを発散させること。

 

 

そして、ストレスとなる原因を忘れるくらいに
楽しく笑顔の出ることを見つけてやる。

 

 

楽しいところにストレスはないからね。

 

 

白髪のできる原因として黒髪を作るための
メラノサイトが働かなくなることが原因なんだ。

 

 

だから、メラノサイトが働いてくれるように、
新陳代謝や酵素の動きを活発にする必要があるんだ。

 

 

そのためには、
ビタミン・ミネラル・タンパク質・炭水化物・脂肪など
これらの栄養成分を正しくバランス良く摂取すること。

 

 

とくに、鶏肉、レバー、納豆、肉類、乳製品、穀類は
髪に必要な栄養分がたくさん含まれているんだ。

 

 

でも、こればかり摂取せずにバランスを考えて
食生活に取り入れてね。

 

 

ここまでは、予防の話しだったけど
生えてしまっている白髪はどうしたらいいの?

 

 

ということだよね。

 

 

対策として数種類の方法があるんだ。

 

 

白髪の本数が鏡で見て数えられるくらいなら
根元から切るといいよ。

 

 

やっちゃいけないのが抜くこと。
毛穴を痛めるだけでなく、抜け毛の原因にもなるから。

 

 

染めないとマズイくらいの本数なら

 

 

1.白髪染めをする。
2.ウィッグで隠す。

 

 

白髪染めをする場合は、
キレイに染まるけど染め続けなければならないよね。

 

 

しかも、頭皮が敏感だとアレルギーになったり、
髪が傷む原因にもなるよね。

 

 

天然成分のヘナを使うことで対処できるけど
時間がかかるし面倒。

 

 

市販のものは安くて経済的には助かるけど
頭皮や髪のことを考えて作られてないんだ。
だから危険な成分がいっぱい入ってる。

 

 

ヘナ以外の天然成分で作られた白髪染めは
ちょっと高め。

 

 

でも、髪と頭皮のことを考えて作られてるから
安心して染めることができるよ。

 

 

白髪染めを使う場合は、
安くて染まるけど頭皮と髪にダメージを与えるものがいいのか
ちょい高だけど頭皮と髪を守り続けながら染めるのがいいのか
ということ。

 

 

ウィッグは手軽に装着できて白髪を隠せるから
私も愛用してるよ。

 

 

どういったときにウィッグを使ってるかというと
白髪染め後、白髪が目立ち始めた時に
次の白髪染めまでのつなぎとして使ってる。

 

 

そうそう白髪用のウィッグなんかもあったよ。

 

 

こんな感じで私は使ってるけど、
髪型を変えることで気分を変えることもできるから
毎日を楽しく笑顔で過ごせてます。

 

 

白髪とは上手く付き合わないといけないから
私は白髪染めとウィッグの併用でやってます。

 

 

20代と若い世代だから、
白髪のことなんかで悩む必要なんてないからね。

 

 

それよりも合コン行ったり彼氏と遊んだり
いっぱい楽しいことをして幸せを感じることだよ。

 

 

白髪と上手く付き合うことで、
今まで以上に笑顔になれるようになれるから。

関連ページ

子供が白髪のことでイジメられないか心配なお母さんへ
子供が白髪のことでイジメられないかと心配で心配でというお母さんに。小中学生だと見た目でイジメの対象になるかもしれません。イジメなんて本来はあってはいけません。被害者になる前に対策する必要があります。