白髪 イジメ 心配

MENU




data-ad-client="ca-pub-6001078109975180"
data-ad-slot="2180715687">


白髪が原因でイジメられていないか心配。対策方法は?

 

 

 

もし白髪のことが原因でイジメられていたら・・・

 

 

と思うと、お母さんにとっては憂鬱で、
いてもたってもいられないはずだよね。

 

 

まず、学校でいじめられていないか
子供の様子をうかがう必要があると思うの。

 

 

イジメられている子供の中には、
親に心配をかけたくないために
元気な姿を見せる子もいるよ。

 

 

だから、毎日、顔の表情をチェックするとか
帰宅後に今日の出来事を聞くとかしてね。

 

 

聞くのも「イジメられなかった?」
なんて聞いちゃダメ!

 

 

もしイジメられていたとしても、
本当のことは言わないから。

 

 

いつもの会話の中で、
お母さんが察してあげないとダメだよ。

 

 

「今日、学校楽しかった?」

 

 

そのあとの会話や表情、しぐさで
何となくわかるはずだから。

 

 

白髪が原因でイジメられてないか
心配なのは良く分かるよ。だから対策しないとね。

 

 

一番いい方法は、白髪の本数にもよるけど
お母さんが根元からカットしてあげる。

 

 

白髪が多くてカットではムリ。
という場合には100%天然のヘナで染める。

 

 

100%天然のヘナは
日本では安全な白髪染めとして定着しているの。

 

 

子供にやっても大丈夫?

 

 

と思うかもしれないけど、ヘナの本場インドでは
子供のころからヘナでケアしているんだ。

 

 

子供のころにケアをしておくと
「美しい髪が生えてきてくれるから」
とお母さんたちが子供にヘナをしているの。

 

 

ヘナは単なる白髪染めだけでなく
髪をケアし美しく保ってくれるんだ。

 

 

だから日本でも定着している理由の1つなんだ。

 

 

子供の白髪のことで悩んでいると思うけど
お母さんも強くならないといけないよ。

 

 

子供の心配をしすぎて過敏になってはないかな?

 

 

子供は不思議と変わっていくものなの。

 

 

もしイジメられたとしても、それは経験するために
与えられたものなの。

 

 

イジメられた子はイジメられる気持ちが分かるから
イジメたりする子には絶対ならないの。

 

 

だから、お母さんがしっかりとフォローをしてあげるの。

 

 

私だったら、笑顔でこう言うよ。

 

 

「あんたはついてるね」
「こうい経験は普通の人はできないんだよ」
「それを経験できるあんたはスゴイよ〜」

 

 

イジメはイジメじゃないんだよ。
ってことを言葉を変えて私は言うよ。

 

 

今まではイジメられた。と思っていたことも
イジメじゃないんだ。と子供が思うようになるから。

 

 

そうすると子供がドンドン元気になって
笑顔があふれるようになるよ。

 

 

そのうち、イジメていた子が友達になったりするから。

 

 

イジメをマイナスと捉えるのではなく
イジメは経験してるんだというようにプラスに捉えると
お母さんの肩の荷もおりるからね。

 

 

本当はイジメなんてない方が絶対にいいの。
そのためには、カットしたりヘナで染めたりしてやってね。

 

 

可愛い我が子の笑顔はいつ見てもサイコーだよ♪

関連ページ

20代なのに白髪が多い | 予防と対策を知りたい女性へ
20代なのに白髪が多いという女性が現在では多くいます。小学生のころから生えていた方や、成人してから急に増えだした方など、生えるタイミングはさまざまです。20代という若さだから恥ずかしさ等もあると思います。そういった女性のお役にたてるよう予防と対策をまとめました。